FC2ブログ

世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて

300件にのぼる膨大な平明暘氏コレクションの全貌を紹介するとともに、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力をお伝えします。

2019年1月12日(土)~ 2月24日(日) 京都国立近代美術館
スポンサーサイト
@ 展覧会情報
開館20周年記念展 北斎ー永田コレクションの全貌公開<序章> | 河鍋暁斎 その手に描けぬものなし