FC2ブログ

クリムト最大級の作品「女の三世代」が初来日 来年4月

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862~1918)の代表作「女の三世代」(1905年)が来春、初来日する。東京都美術館で開く「クリムト展 ウィーンと日本1900」(4月23日~7月10日、朝日新聞社など主催)で展示される。同館などが6日、発表した。展覧会は今年のクリムト没後100年と来年の日本オーストリア友好150周年を記念して開催する。
展覧会には、日本では過去最多となる20点以上のクリムトの油彩画がそろう。東京都美術館の後、愛知県の豊田市美術館(7月23日~10月14日)でも開かれる。

2018年12月6日付朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASLD55DVZLD5UKJH00C.html

展覧会公式サイト
スポンサーサイト
@ 美術記事/美術話
黒住章堂 | 東京都現代美術館が来年3月リニューアル・オープン