FC2ブログ

綴プロジェクト 特別展示 奇想の画家 伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」を間近でみる!

豪商・旧三井家の別邸。3階望楼が特徴的な主屋は、明治13年に建てられた三井家の木屋町別邸を移築した建物です。その際に玄関棟などの増築を行って、大正14年に完成しました。明治から大正の大規模邸宅の構えが良好に保存されています。
「樹花鳥獣図屏風」は、「枡目描き」「モザイク画法」と称される手法で描かれた独特の作品です。今回、綴プロジェクトにより制作された高精細複製品を展示し、実物大ならではの迫力と美しさを、間近でご鑑賞いただきます。

重要文化財 旧三井家下鴨別邸 「京の冬の旅」特別企画
https://www.kyokanko.or.jp/huyu2018/huyutabi18_nihonga.html#3_02

2019年2月7日(木)~3月19日(火) 旧三井家下鴨別邸 2階座敷にて開催
複製品とのことなのでこちらに記載。詳細はリンク先を御参照ください。
スポンサーサイト
@ ハマリごと
画僧 月僊 | 四季探訪 研ぎ澄まされる四季絵の伝統