FC2ブログ

「幻の画家」が描いた龍 偶然の発見、まもなく公開

筆者は調子武音(ちょうしぶおん、1716~75)。江戸時代中期の人名録「平安人物志」に円山応挙(まるやまおうきょ)や伊藤若冲(じゃくちゅう)らと並ぶ絵師とされながら、現存作品が見つかっていなかった「幻の画家」だ。

2018年10月27日付朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL9N3TZJL9NPTFC00B.html

妙法院 調子武音(ちょうしぶおん)筆「天井龍図」
秋の京都非公開文化財特別公開にて。期間は11月1日~11日
詳細:京都古文化保存協会

関連記事:2018年04月26日付京都新聞
スポンサーサイト
@ 会期終了
若冲の絵画を90年ぶり確認 東京都美術館など、雄鶏図 | 江戸絵画の文雅 ─魅惑の18世紀