FC2ブログ

日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―

横山大観、菱田春草、小林古径、速水御舟を中心に、日本美術院の草創期に活躍した画家から、現代の日本画壇を代表するにいたる同院の画家の優品をご紹介します。また、院展出品時から高評価を受けた古径の代表作《清姫》全8点を一堂に展示するとともに、昭和期に制作された作品で初めて重要文化財に指定された御舟《名樹散椿》(10月16日-11月11日公開)を特別展示します。

2018年9月15日(土)~11月11日(日) 山種美術館
スポンサーサイト
@ 会期終了
町田発/はな・とり・こんちゅう 理科をそだてた挿絵画家 天木茂晴 | 筆が奏でる琳派の美