FC2ブログ

少し先の展覧会

展覧会情報について
美術館公式サイト等を元にしています。
変更、こちらの誤りがあるかもしれません。事前に御確認のうえ、お出かけください。

情報は追記においてあります

ルーベンス展―バロックの誕生
http://www.tbs.co.jp/rubens2018/
2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日) 国立西洋美術館

フィリップス・コレクション展
2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝) 三菱一号館美術館

ムンク展
2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日) 東京都美術館

クリムト展 ウィーンと日本 1900
https://klimt2019.jp/
2019年4月23日(火)~7月10日(水) 東京都美術館
2019年7月23日(火)~10月14日(月祝) 豊田市美術館

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
https://artexhibition.jp/wienmodern2019/
2019年4月24日(水)~8月5日(月) 国立新美術館
2019年8月27日(火)~12月8日(日) 国立国際美術館

英コートールド美術館の傑作群、日本へ 3カ所で展覧会(2018年6月21日付朝日新聞)

注目は、マネが死の前年に描いた大作「フォリー=ベルジェールのバー」(1882年)。ほかに、セザンヌの「カード遊びをする人たち」、ゴーギャンの「ネバーモア」など油彩約50点と彫刻などが出品される。

東京都美術館で2019年9月10日から12月15日まで開催。翌20年に愛知県美術館と神戸市立博物館へ巡回予定。
スポンサーサイト
@ 展覧会情報
| 鳥取画壇の祖 土方稲嶺 ―明月来タリテ相照ラス―