FC2ブログ

水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟

雪舟と等伯の優品を中心に、中国絵画の名品を交えつつ、その遺風に学んで全く異なる新風を興した彼らの創作意欲の源に迫ります。

2017年6月10日(土)~7月17日(月・祝) 出光美術館
スポンサーサイト
@ 会期終了

馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月


2017年6月2日(金)~25日(日) 太田記念美術館
@ 会期終了

レオナルド×ミケランジェロ展

本展は、芸術家の力量を示す上で最も重要とされ、全ての創造の源である素描(ディゼーニョ)に秀でた2人を対比する日本初の展覧会です。素描のほかに油彩画、手稿、書簡など、トリノ王立図書館やカーサ・ブオナローティ所蔵品を中心におよそ65点が一堂に会します。

2017年6月17日(土)~9月24日(日) 三菱一号館美術館
2017年10月5日(木)~11月23日(木・祝) 岐阜市歴史博物館
@ 会期終了

ナマズが暴れた!?安政の大地震展―大災害の過去・現在・未来

日本を中心に世界各地の大災害と復興の歩みを歴史資料から明らかにしていきます。

2017年4月19日(水)~8月6日(日) 東洋文庫ミュージアム
@ 会期終了

没後70年 北野恒富展

金沢生まれの北野恒富は、画家を志して17歳で大阪へ来ました。「画壇の悪魔派」と呼ばれた初期の作品は妖艶さが漂っていますが、やがて内面表現を深化させ、ついには「はんなり」の画風に到達したのでした。没後70年を記念した大回顧展です。

2017年6月6日(火)~7月17日(月・祝) あべのハルカス美術館
2017年8月5日(土)~9月18日(月・祝) 島根県立石見美術館
2017年11月3日(金・祝)~12月17日(日) 千葉市美術館

@ 会期終了

クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム―

クエイ兄弟の初期のイラストレーションから、アニメーション制作の舞台装置の精緻なデコール、これまで日本で紹介される機会の少なかった映像作品や舞台美術の仕事、影響を受けたポーランドのポスター作品など、その独自の美の世界の全体像にせまるアジア初の本格的な回顧展です。

2016年7月23日(土)~10月10日(月) 神奈川県立近代美術館 葉山
2017年6月6日(火)~7月23日(日) 渋谷区立松濤美術館
2018年4月7日(土)~5月20日(日) 岡崎市美術博物館
@ 会期終了

江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-

知的好奇心と、探求への情熱に満ちた博物図譜の諸相をご覧いただくとともに、伊藤圭介らの活動を中核とする尾張地域の博物学についてご紹介します。

2017年6月2日(金)~7月9日(日) 徳川美術館
@ 会期終了

日本画でわくわく!どうぶつ図鑑

本展では、近代の日本画家たちが描く動物画を一堂に展示いたします。たくさんの動物たちが登場する展示室は、まさに『どうぶつ図鑑』。それぞれの画家が、どのような想いを持って動物の姿をとらえ、表してきたのか。画家たちのまなざしにも注目し、動物画の世界をお楽しみください。

2017年6月1日(木)~8月30日(水) 足立美術館
@ 会期終了

歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに

全国の美術館が所蔵する代表的な油彩画をはじめ、師である岸田劉生(1891-1929)の作品や次女・夏子(1926-2004)の型紙絵など約150点を紹介します。

2017年6月7日(水)~ 7月30日(日) 千葉市美術館
@ 会期終了

六本木開館10周年記念展 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》修理後初公開 神の宝の玉手箱

約50年ぶりに修理を行った国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》を修理後初公開することを基点に、人々が生活の中で用いてきた手箱の姿を織り交ぜつつ、特別に仕立てられた手箱についてその魅力を特集するものです。

2017年5月31日(水)~7月17日(月・祝) サントリー美術館
@ 会期終了