FC2ブログ

展示スケジュール掲載

第53回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開
2019年1月10日(木)~3月18日(月)
■建仁寺 両足院
~長谷川等伯生誕480年記念 道釈画家の方丈襖絵と若冲&等伯~
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=event&eventid=4054

「詳細HPは11月中旬公開予定」とのこと
https://www.kyokanko.or.jp/
スポンサーサイト
@ ハマリごと

若冲の絵画を90年ぶり確認 東京都美術館など、雄鶏図

東京都美術館などは29日、江戸中期の画家伊藤若冲(1716~1800年)の「梔子雄鶏図」を東京都内で披露した。長く所在不明だったが、昨年、90年ぶりに確認された。明治学院大教授の山下裕二さんによると、真宗大谷派(本山・東本願寺)の大谷家が所蔵していたが1927年、売り立て(競売)に出した際の目録に掲載されていた。縦85.8センチ、横43.1センチの絹本着色。

2018/10/29付共同通信
https://www.47news.jp/news/2920297.html

2018/10/29付時事通信
若冲など4点を初公開=新発見作品も-東京都美術館

2018.10.29付美術手帖
若冲の新出作品も展示。白隠、蕭白、国芳らが揃う「奇想の系譜展」、東京都美術館で開催へ

来年2月に始まる「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」で初公開
東京都美術館で2019年2月9日から4月7日まで
@ ハマリごと

今後発売される関連本

絵は語り始めるだろうか 日本美術史を創る 佐藤康宏
https://www.amazon.co.jp/dp/4904702727

「絵は語り始めるだろうか」(1993年)以降20余年の間に発表した論考のなかから31編を〈どういえばいいのだろう〉〈記述と鑑識〉〈語りなおす〉〈批評と翻訳〉の4部構成にまとめる。

発売日:2018/11/25 羽鳥書店
@ ハマリごと

「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展

プティ・パレ美術館に行かれたgongqiさんより画像をいただきました。クリックすると元サイズになります。
「」内はgongqiさんのコメントです。

181007-1.jpg
外観

181007-2.jpg
別の特別展の行列とのことです。若冲展もゆったり見られるようにとの配慮で、入場まで待つことになるようです。

「細長い半楕円形の展示室の中、若冲の技法などについて説明は一切なく、直線部分の中央に3仏を配置してぐるりと30幅が取り囲むレイアウトでした」

「展示室内は暗めの照明ですが、一幅一幅は煌煌と照らされており例えるなら、仏像を飾っているイメージです」

181007-3.jpg
「動植綵絵の展示室を出ると玄圃瑤華の展示もありましたが(こちらも撮影禁止)、販売コーナーを兼ねていたので注目度が低くチョット悲しかったです。洋館によくある関節部分のような丸いミニギャラリーが玄圃瑤華の展示室です」

「玄圃瑶華」 1帖 個人蔵(京都国立博物館:館外での作品公開より)

181007-4.jpeg
情報検索機

ジャポニスム2018「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展
2018年9月15日(土)~ 10月14日(日) パリ市立プティ・パレ美術館
@ ハマリごと

今後発売される関連本

日本水墨画全史 小林 忠
https://honto.jp/netstore/pd-book_29259095.html

雪舟から横山大観まで、日本の代表的な水墨画家24人の生涯と代表作を紹介しながら、中国に生まれた水墨画が、日本に根付き発展してきた道筋をたどる。

発売日:2018年11月11日 講談社学術文庫
@ ハマリごと

若冲展、パリで開会式 欧州初

「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展の開会式が13日、パリ市立プティ・パレ美術館で開かれた。欧州初の本格的な若冲展となる。若冲展は日本文化をフランスに紹介する日本博「ジャポニスム2018」の柱の一つとして日本側が提案した。海外では12年の米ワシントンに次ぐ2回目となる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35358470U8A910C1MM0000/
2018/9/14付日経新聞

一般公開は15日~10月14日(月曜休館)まで
@ ハマリごと

関連?番組放送

「フェイク 京都美術事件絵巻」は、財前直見と南野陽子の豪華共演で贈る1話完結型のミステリ―ドラマです。第1話では、伊藤若冲の幻の名画「松樹番鶏図」が展覧会から盗まれるという事件が発生。美術品の真贋を通して、人間模様の様々な機微を描いていきます。

「フェイク 京都美術事件絵巻」
10月27日(土)夕方4時~
AXNミステリーで全6話一挙放送

本放送時の公式サイト
@ ハマリごと

発売された関連本

和樂(わらく) 2018年10・11月号 若冲とフェルメール、美の三原色
発売日2018/9/1 小学館
https://intojapanwaraku.com/
@ ハマリごと

悠久の美 創業175周年記念 川島織物展

2018年7月11日配信インテリアビジネスニュース
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2018/gy180711-02.html

日本最古の企業博物館である「織物参考館」(現川島織物文化館)の内観や、セントルイス万国博覧会(1904/明治37年)に出展した日本式室内装飾「若冲の間」のレプリカやパネル、日本画家の神坂雪佳が同社のために描いた作品や、同社のデザインの礎を築いた画家でありテキスタイルデザイナーでもあった澤部清五郎が描いた図案などを展示する。

2018年7月18日(水) ~23日(月) 京都髙島屋
@ ハマリごと

今後発売される関連本

BIRDER 2018年8月号 概説 空想鳥類学 BIRDER編集部 編
https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/17545-201808/Default.aspx

●若冲の「鴛鴦」を検証 伊藤若冲の傑作の1つ、「樹花鳥獣図屏風」。この中の鴛鴦(おしどり)とされた鳥は、どうやら「誤認」だったらしい……。

発売日:2018年7月14日 文一総合出版
@ ハマリごと