FC2ブログ

今後発売される関連書籍

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界
https://honto.jp/netstore/pd-book_29458502.html

蕪村や応挙、若冲、さらに蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。彼らは旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。多士済々、百花繚乱。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。

辻 惟雄(著)  講談社選書メチエ
発売日:2019/02/09


若冲伝
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309256177/

いま最も注目著しい江戸の謎の絵師・伊藤若冲。その画業の世界、魅力のすべてを多くの図版を掲載し解き明かす。

佐藤 康宏 著 河出書房新社
発売日:2019.02.06(予定)
スポンサーサイト
@ ハマリごと

テレビ番組

動植物を独自の精緻な画風で描いた江戸絵画の巨匠・伊藤若冲。彼が日本で評価を得る前、半世紀以上前からその才能を見出し、コレクションを始めたアメリカ人がいた。カルフォルニア州に住む、ジョー・プライスさん、88歳。プライスさんがどのように若冲を見出し、その後、どのような部分に共鳴しながら、若冲の画をコレクションしていったのか、作品をたっぷりと紹介しながら見つめていく。

2018年12月20日付PHILE WEB
https://www.phileweb.com/news/d-av/201812/20/46054.html

「若冲を発掘したアメリカ人」
NHK BS8K放送:2019年1月14日(月・祝)10:00-11:00
@ ハマリごと

特別文化講演会【奇想の系譜】と今後発売される関連本

「奇想の系譜」をテーマに講演会を開催、300名様をご招待いたします。『新版 奇想の系譜』の著者・辻惟雄先生と、展覧会の監修者・山下裕二先生に伊藤若冲はもちろんのこと、岩佐又兵衛・狩野山雪・曾我簫白・長沢芦雪・歌川国芳など奇想の絵師たちの魅力を語り尽くしていただきます。

2019年2月10日(日) 東京国立博物館大講堂

詳細は下記URLにて
https://www.shogakukan.co.jp/news/196264

『新版 奇想の系譜』
2019年2月4日小学館から発売
@ ハマリごと

展示スケジュール掲載

スーパーご長寿アーティスト ―若冲・北斎から大観・土牛まで (仮称)
2020年1月3日(金)~3月1日(日) 山種美術館

仮称ですが名前が入ってたので。詳細待ち。
@ ハマリごと

テレビ番組

4K撮影で迫る!江戸時代の絵師・伊藤若冲の「美」の世界

https://www.bs-tbs.co.jp/culture/itojakuchu/

「天才絵師・伊藤若冲 世紀の傑作はこうして生まれた」
BS-TBS 4Kで2018/12/1(土) ひる0:00~0:54放送
@ ハマリごと

テレビ番組

最高傑作『動植綵絵』がこの秋初めてヨーロッパで公開された。番組では、その日本出発からパリでの開幕までを追い、さらに、今回は4Kの高精細画質での撮影によりこれまで見ることができなかった若冲を若冲たらしめる超絶技法「裏彩色」「没骨」の技と、当時珍しかった意外な絵の具の謎にも迫り、若冲の底知れぬ魅力を彼の作品とともに紹介する。

http://www.bs-tvtokyo.co.jp/official/mitakotononaijakuchu/

「日経スペシャル 見たことのない若冲~パリ驚嘆「動植綵絵」高精細の極彩美~」
BSテレ東で2018年12月1日(土) 10時30分~11時30分放送
@ ハマリごと

今後発売される関連本

フリーア美術館 門外不出の日本美術の至宝
http://www.heibonsha.co.jp/book/b377955.html

フリーア美術館(米ワシントン)が所蔵する世界有数の日本コレクションの中から、宗達や光琳、北斎の肉筆画、若冲などの逸品を紹介。

別冊太陽編集部 編 別冊太陽 > 日本のこころ 269

出版年月 2018/12
Amazonでは2018/12/27
@ ハマリごと

綴プロジェクト 特別展示 奇想の画家 伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」を間近でみる!

豪商・旧三井家の別邸。3階望楼が特徴的な主屋は、明治13年に建てられた三井家の木屋町別邸を移築した建物です。その際に玄関棟などの増築を行って、大正14年に完成しました。明治から大正の大規模邸宅の構えが良好に保存されています。
「樹花鳥獣図屏風」は、「枡目描き」「モザイク画法」と称される手法で描かれた独特の作品です。今回、綴プロジェクトにより制作された高精細複製品を展示し、実物大ならではの迫力と美しさを、間近でご鑑賞いただきます。

重要文化財 旧三井家下鴨別邸 「京の冬の旅」特別企画
https://www.kyokanko.or.jp/huyu2018/huyutabi18_nihonga.html#3_02

2019年2月7日(木)~3月19日(火) 旧三井家下鴨別邸 2階座敷にて開催
複製品とのことなのでこちらに記載。詳細はリンク先を御参照ください。
@ ハマリごと

展示スケジュール掲載

第53回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開
2019年1月10日(木)~3月18日(月)
■建仁寺 両足院
~長谷川等伯生誕480年記念 道釈画家の方丈襖絵と若冲&等伯~
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=event&eventid=4054

「詳細HPは11月中旬公開予定」とのこと
https://www.kyokanko.or.jp/
更新しました
@ ハマリごと

若冲の絵画を90年ぶり確認 東京都美術館など、雄鶏図

東京都美術館などは29日、江戸中期の画家伊藤若冲(1716~1800年)の「梔子雄鶏図」を東京都内で披露した。長く所在不明だったが、昨年、90年ぶりに確認された。明治学院大教授の山下裕二さんによると、真宗大谷派(本山・東本願寺)の大谷家が所蔵していたが1927年、売り立て(競売)に出した際の目録に掲載されていた。縦85.8センチ、横43.1センチの絹本着色。

2018/10/29付共同通信
https://www.47news.jp/news/2920297.html

2018/10/29付時事通信
若冲など4点を初公開=新発見作品も-東京都美術館

2018.10.29付美術手帖
若冲の新出作品も展示。白隠、蕭白、国芳らが揃う「奇想の系譜展」、東京都美術館で開催へ

来年2月に始まる「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」で初公開
東京都美術館で2019年2月9日から4月7日まで
@ ハマリごと